« メールから | メイン | メールから »

気力と現実

どんなに頑張っても、夢のひとつも叶わないのが現実かも知れない。

三役時代から常に2桁白星を当たり前とされつつも、大関の地位から見放されたのでは・・・と、
何度も挑戦しては跳ね返され、 めげてしまいそうになりながらもやっと手に入れ大関となり
横綱にはあと一つ届かなかったお相撲さんが、今場所で大関在位50場所となった。


失明の不安を抱え、人知れず心揺れ、関取の座は遠くてもあきらめず、
何度となく怪我をし、人目にはわかりづらい アレルギー体質 に苦しんだり、
小さな怪我を繰り返しては 番付や本場所日程の不運に涙し、
大ケガに苦しめられてもあきらめきれないで頑張っちゃう青年達をたくさん見てきた。。

必死になって頑張ってがんばって、でも、なかなか結果が出なくて
それでも前に進もうとした矢先に不幸が襲い、
またまたがんばって耐えて、更に気力を振りぼって激痛に耐えて、
たったひとつ ・・・ 普通に 「 生きたい 」 との願いも叶わなかった青年の苦闘も傍で見守り 苦悩し 震えた。


そんな彼らから見れば相当の夢を手に入れて尚、戦い続ける ゛ 満身創痍の彼 ゛ もまた、
「 自分を追い込む姿 」 を見守る側の心中、穏やかでない。

ただ ・・・ 頑張っても実らない事が多い中で、また奇跡が起こってくれるのでは ・・・ と密かに願い
ここまで来たら、自分で進退を決めてもいいだけの権利があるのではないかと感じ
いつか彼の気力が湧かなくなるまで、彼の心に添うてあげたいと思うのです。
世間的には身勝手の願いかも ・・・ と知りつつ。。。。。
                                             ( by 管理人 )

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tomozuna-beya.jp/mt33/mt-tb.cgi/1029

About

2008年11月11日 20:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「メールから」です。

次の投稿は「メールから」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34